戸建て賃貸のリフォームは可能?リフォーム向きの物件や相場、注意点をチェック

  • #基礎知識

賃貸住宅でも自分や家族が住みやすい家、快適に暮らせる空間にリフォームしたいと思うこともあるでしょう。昨今では、入居者の意向に合わせてリフォームができる賃貸物件が増えており、特に戸建て賃貸のリフォームが人気を集めています。

リフォームが可能な戸建て賃貸とは、どのような物件なのでしょうか。今回はリフォーム可能な戸建て賃貸の探し方や戸建て賃貸リフォームの注意点等についてご説明します。



戸建て賃貸のリフォームに注目!

賃貸物件は、退去時には借りる前の状態に戻すことがルールとされています。そのため、賃貸物件はリフォームできないという考えを持っている方が大半でしょう。しかし、昨今では賃貸であっても入居者の希望に合わせてリフォームできる物件が登場しています。リフォーム可能な賃貸物件の中でもリフォームの自由度が高いのは戸建て物件であり、理想の居住空間を目指して戸建て賃貸のリフォームを行う人が増えています。



戸建て賃貸ってリフォームしていいの?

?

前述したとおり、賃貸物件では退去時には入居前の状態に戻さなければなりません。もし、入居者の過失や故意によって賃貸物件に傷を付けたり、汚してしまったりした場合は、入居者が原状回復義務を負うこととされています。したがって、一般的な戸建て賃貸では入居者の意向で勝手にリフォームをした場合は、退去時に修繕費用を請求される可能性があります。

リフォームをしてもよい戸建て賃貸とは、あらかじめ入居者の意向に合わせたリフォームが可能であることを謳った物件です。ただし、その場合であってもリフォーム可能な範囲については制限が付けられていることもあります。戸建て賃貸のリフォームを希望している場合は、リフォーム可能な物件を選び、リフォームの許可範囲も調べておくようにしましょう。



リフォーム向きの戸建て賃貸とは?

リフォーム可能な物件は、あらかじめリフォームが可能であることを謳い、入居者を募集しているケースがほとんどです。また、リフォーム可能の表記がない物件であっても築年数の古い物件などは、交渉によってリフォームが可能になるケースもあります。気になる物件があった場合は不動産会社に相談してみるとよいでしょう。



戸建て賃貸でリフォームできないときの解決法

戸建て賃貸をリフォームしたいと考えるときには、自由にリフォームを行って自分の理想を叶える部屋を作りたいというケースときれいな戸建て賃貸に住みたいというケースがあるでしょう。戸建て賃貸でリフォームができないときにそれぞれの問題を解決するためには次のような方法があります。

リフォーム可能な物件を探す
戸建て賃貸であっても、オーナーがリフォームを許可していない場合は入居者が勝手にリフォームを行うことはできません。そのような場合はリフォーム可能な物件を探してみましょう。国交省では借主の意向を反映してリフォームができるDIY型賃貸借の普及に取り組んでおり、現状ではリフォーム可能な賃貸物件が増えつつあります。リフォーム可能な戸建て賃貸を探すときには、物件検索サイトで「リフォーム可能」、「リノベーション可能」、「DIY型賃貸」等のキーワードを入力して検索してみるとよいでしょう。

リフォーム済みの物件を選ぶ
既にリフォームを終えている物件であれば、壁紙やフローリングの張り替えなどが行われ、きれいな状態になっています。リフォーム可能な戸建て賃貸物件では、好みに合わせてリフォームができますが、その一方でリフォーム費用は入居者が負担しなければなりません。リフォーム済みの物件であれば、お金をかけることなくきれいな物件に入居することができます。



戸建て賃貸でリフォームできないときの解決法

賃貸戸建 リフォーム

戸建て賃貸をリフォームするときは、自分でリフォームを行う方法と専門業者にリフォームを依頼する方法があります。それぞれのリフォーム法のメリットやデメリットをご紹介します。

DIY
自分でリフォームの計画を立て、自分で材料を揃え、自分でリフォーム工事を行う方法です。DIY好きの方であれば、一から自分好みの部屋、自分好みの家を作り上げたいと思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、DIYによるリフォームは想像以上に時間と労力がかかることも少なくありません。また、使用できる機器や材料が限られることもあるため、プロに依頼したときと比べて納得できる仕上がりにならないことも考えられます。自分の好みの空間に仕上げたいというこだわりの強い方こそ、プロによるリフォームがおすすめです。
ただし、費用面では人件費等が不要となるため、DIYで行うリフォームの方が割安になります。

専門業者に依頼する
リフォーム工事を専門に行う業者に依頼するとプロの技術を活かし、高い完成度のリフォームを行うことができます。また、リフォーム専門業者ではこれまでのリフォームの豊富な経験から入居者の希望を実現するためのさまざまなアイディアを持っています。リフォーム依頼の際に、実現したい内容について伝えるとプロならではの視点から、1人では思いつかなかったプランや施工法を提案される可能性もあります。DIYに比べると費用は高くなる点がデメリットですが、専門業者に依頼すればリフォームで満足できる空間を手に入れられる可能性が高いでしょう。



戸建て賃貸のリフォームポイント

賃貸 戸建て

戸建て賃貸でリフォームが行われることが多い場所は床、廊下、浴室、トイレ、階段です。それぞれのリフォームのポイントは次のとおりです。


リフォーム可能な戸建て賃貸の中には、築年数が古い物件もあります。そのような物件では、部屋が和室であることも少なくありません。畳は新しければ井草の香りが香り、爽やかな空間を演出しますが、重たいものを置くとへこんでしまい、飲み物や食べ物をこぼすとシミや汚れが付きやすいといったデメリットがあります。そのため戸建て賃貸では、畳をフローリングに替えるリフォームが行われるケースが多くなっています。

廊下
廊下は各部屋に通じる通路であるため、劣化しやすい場所です。廊下の床を張り替えたり、手すりを付けたり、段差をなくしたりといったリフォームも戸建て賃貸ではよく行われています。

浴室
浴室は水を使い、湿気も多いことから木造の戸建て賃貸では傷みやすい箇所の1つです。また、一日の疲れを癒す場所でもあり、浴室をリラックスできる空間にしたいと考える人も少なくありません。
浴室のリフォームでは、浴室全体をリフォームするケースや浴槽だけを交換するケース、浴室の壁だけをリフォームするようなケースがあります。予算に応じてリフォーム内容を検討するとよいでしょう。

トイレ
古い戸建て住宅では、階段が急な傾斜になっている場合があります。小さな子供がいる家庭や高齢者がいる家庭では、階段の傾斜を緩やかにするリフォームや手すりを設置するなどのリフォームを行うケースがあります。ただし、階段の場合リフォームできる範囲は限られてしまうため、構造によっては大幅なリフォームはできないケースもあることを覚えておきましょう。



戸建て賃貸リフォームの相場

戸建て賃貸のリフォーム費用の相場は、リフォームを行う箇所やリフォームの内容、使用する材料のグレード、物件の築年数などによって大きく異なります。和室をフローリングに替える場合は6畳で10万円から20万円程度、浴槽の交換は100万円程度、トイレの便座の交換は5万円程度が必要となります。戸建て物件を全面的にリフォームするには500万円から1,000万円ほどの費用がかかると言われています。

せっかくリフォームするのだからとさまざまな箇所のリフォームを実現しようとすると、高額な費用が必要となってしまいます。戸建て賃貸のリフォームをするときには、リフォームの目的を明確にし、予算に応じたリフォーム工事を行うようにしましょう。



戸建て賃貸リフォームの注意点

戸建て賃貸リフォームでは、まず、リフォーム可能な範囲をしっかりと確認しておくことが大切です。物件によってリフォームできる箇所が制限されていたり、リフォーム工事の内容についても規定されていたりする場合があります。もし、ルールを守らずにリフォームを行った場合、退去時に高額な修繕費用が請求される可能性もあります。戸建て賃貸リフォームでは、事前にリフォーム可能な範囲やその内容を確認し、契約書にもリフォームについての規定を明記してもらうようにしましょう。

また、戸建て賃貸リフォームでは予算を設定し、優先順位の高いものから工事を行うようにしましょう。例えば階段の手すりの設置などは、安全に生活するうえで欠かせない要素となる世帯もあり、その場合は見た目の美しさを実現するリフォームよりも手すり設置工事の方が優先順位は高くなります。一方、若い夫婦が生活する場合は急な階段よりも快適に使える水回りの工事や部屋を明るく見せる床の張り替え工事などの方が優先されるでしょう。

リフォームの目的と優先順位を明確にし、必要性の高い箇所から予算の範囲内でリフォーム工事を行うことをおすすめします。



戸建て賃貸リフォームをお考えなら自由住宅へ

賃貸 戸建て

これまで、賃貸住宅はリフォームできないことが一般的でした。しかし、昨今では賃貸住宅流通促進の一環として国交省がDIY型賃貸の普及に取り組んでいるように、賃貸住宅でも入居者の意向でリフォームをできる物件が増えています。

まずはあなたの夢を聞かせてください
まずはあなたの夢を聞かせてください